自分にピッタリのまくらが見つかるサイト

まくらnavi

横向き寝枕

横寝まくら3種類徹底比較!YOKONE2・スリープバンテージ・もっと横楽寝

更新日:

まくらは合う・合わないの個人差がとても大きく、選ぶのが難しいですよね。

中でもいびきの改善に良いとされている「横寝まくら」はメーカーによって特徴や形が全然違うので、「自分に合った形」がどれなのか分からないと思います。

そこで今回は、

  • 形の特徴で比較
  • 寝返りのしやすさ・寝心地で比較
  • いびきの改善で比較

この3つの条件で比較していきたいと思います。

形の特徴で比較

スリープバンテージの形

一番特徴的な形をしているのは、フランスベッドの「スリープバンテージ」ですね。「つ」の形をしていて、他にはないユニークな形のまくらです。

背中に当たる部分のクッションが背中を支えてくれるので、あおむけになり気道を圧迫してしまうのを防ぎ、いびきの改善に効果があると言えます。

もっと横楽寝の形

次に、東京西川の「もっと横楽寝」ですが、一見普通のまくらのように見えます。

しかし中材を入れ替えることで自分で高さを調節できるので、自分が横向きに寝やすい高さに調節することができます。横向き寝が安定する枕として、有名な東京西川から販売されています。

YOKONE2の形

ムーンムーンの「YOKONE2」は普通のまくらよりも凹凸のある特殊な形状をしています。

この形は特許技術により頭、首、肩、腕を支え、横向き寝をサポートしてくれるのです。他のまくらにはない「腕置き」もあり、横寝するときに圧迫されてしまいがちな腕を自然な形で置いておくことができます。


3つとも個性的な形をしていますね。どれもいびき改善のための「横寝」がしやすいよう工夫されています。

この特徴的な形は、横寝をする上でとても大切な役割を果たしているんです。次の項目の、寝返りのしやすさや寝心地に大きく影響してきます。

寝返りのしやすさ・寝心地で比較

寝返りは、血液を循環してくれたり、体温の調節や身体の負担を分散するなどとても大切な役割があります。

血液が滞ると肩こりや腰痛の原因になりますし、同じ方向をずっと向いていると、布団と接触している面が汗をかいてしまい良質な睡眠の妨げになってしまいます。

いびきが改善されても、寝返りがしにくくて疲れが取れなかったり、身体が痛くなってしまっては良くないですよね。

そこで、3つの枕の形はそれぞれ寝返り、寝心地にどのような影響を与えるのかを比較していきます。

もっと横楽寝

「もっと横楽寝」はほぼ普通のまくらと変わらないので、寝返りもきちんと打つことができるでしょう。

口コミでは、横向きに寝るのが習慣の人に寝心地が良いと、とても好評なようです。

しかしいびきをかく人は仰向けで寝るのが習慣になっていることが多いので、このまくらでいびき改善は難しいように思います。

スリープバンテージ

「もっと横楽寝」とは反対に、「スリープバンテージ」は一方向しか向けない形状になっています。

横向き寝だけで言えば、背中を支えてくれるし形や耳が圧迫されないようにする穴があるなど寝心地はとても良いと思います。

しかし、いびき防止の観点からは、仰向け寝を完全に封じてしまうのも一つの方法ですが、自然な寝返りを打てないと体にストレスが溜まり、睡眠中に疲労回復できない心配があります。

睡眠中に重要な「寝返り」のことを考えると、自然な寝返りがしにくく睡眠の質が下がってしまう恐れがあるところがデメリットです。

YOKONE2

両者に比べ、「YOKONE2」は「寝返りのしやすさ」も「横向き寝のサポート」のどちらも兼ね備えているでしょう。

普通のまくらのように寝返りも自然ですし、ウレタン素材なので、ほどい固さがあり寝返りをするのに適しています。

普通の枕みたいに寝返りしていたら仰向けになっちゃうんじゃないの?と不安に思うかもしれません。

しかし、特殊な凹凸の形をしているので、口コミでは「横向きに寝たほうがフィットして気持ちいい」という声が多く、自然と横向きになるように寝返りが打てそうです。

睡眠の質をキープしつつ、横向き寝へ誘導してくれる形というのは仰向けで寝てしまっていびきをかく人にはぴったりなまくらだと思います。

  • 普段から横向き寝が習慣で、寝心地の良い枕を探している人→もっと横楽寝
  • お昼寝(あまり寝がえりを打たない)などの短時間の睡眠中に横寝をしたい→スリープバンテージ
  • 少し値段が高くても、睡眠の質といびきをかかない夜、どちらも手に入れたい→YOKONE2

それぞれの値段はいくら?

スリープバンテージはAmazonで3500円で、3つの中では一番お手頃です。
もし自分に合わなくても諦めきれる値段かな?と思います。

もっと横楽寝はAmazonで約5000円。
有名な東京西川の枕だけあって、普通の枕よりも少し高めです。

YOKONE2は3つの中で一番高い19440円!
上の2つと比べると3倍以上しますが、それだけ「いびき防止」に一役買ってくれる気がします。

まとめ

上で書いたとおり、YOKONE2は他の2つよりもお値段が高いです。

しかし、スリープバンテージの「寝返りのしにくさ」は寝ても疲れが取れない原因になりますし、もっと横楽寝の「仰向けになりやすい形状」はいびき改善には好ましくありません。

値段が手ごろなのはとても良いのですが、本気でいびきを改善して良い眠りを手に入れたいという方には少し高くてもYOKONE2をお勧めします。

お知らせ

今このページからYOKONE2を購入していただくと、1000円オフ+枕カバープレゼントキャンペーン中です!公式サイトをご覧ください。

-横向き寝枕

Copyright© まくらnavi , 2018 All Rights Reserved.